大阪グルメを代表する定番メニューと言えば「串カツ」。今回は従来の串カツ屋のイメージを一新させる、新世代による話題店をご紹介します。

 

店主は元美容師!? 自由で斬新な発想から生まれた串カツ店

🄫Meets Regional

お初天神の『炭屋キッチン やまや』で経験を積んだ柳徳貴さん(写真右端)が2018年12月24日にオープン。

柳さんは元美容師。店の仲間も美容師の後輩&元アパレル店員と、飲食店らしからぬメンツ揃い。小洒落た店もできただろうに、なぜに白衣まとって串カツ?

「大衆的というか、同世代がいいカッコする必要なく、ガチャガチャできる場所を作りたくて」と柳さん。

 

湯気立つ湯飲みの中のソースに串カツをドボン!

🄫Meets Regional

串カツはソースにドボンの、いわゆる大阪スタイルながら、ソースが熱々の状態でひとりに1杯ずつ、まさかの湯飲みで登場します。しかも大阪のツヅミソースを自家製の蕎麦ダシで割ったオリジナルブレンド。

「ソースも温かい方が串カツもおいしいでしょ。飲んでしまう人、たまにいますけどね(笑)。ありそうで、なかったことを、これからもどんどんやっていきたいです」。

カロリーカットの秘密兵器“ドクターフライ”をフライヤーに導入し、軽さを追求した串カツは1本100円~で、25種から用意。飲食店の既成概念にとらわれない、彼らの発想は自由で斬新。北堀江を盛り上げる、次代のキーマンと言えるでしょう。

🄫Meets Regional

座敷席の上に灯るネオンは人気店のネオンサインを多数手掛ける看板工房『マヴァリック』製。

🄫Meets Regional

どて煮定食980円など、品書きには朝まで注文OKな定食も。

【店舗情報】
ヤナギストア

🄫Meets Regional

●LOCATION
大阪市西区北堀江1-22-23 1F
●TEL
06-6536-3382
●営業時間
18:00~翌4:30
●定休日
なし

(『Meets Regional』2019年5月号P13掲載)編/icoico編集部

家族に人気の串カツ、難波の駅ナカに

 

※本記事に掲載している情報は公開時点のものになります。