阿波座バーガリオンに続く新展開の店、なんば「ザ・ブッチャー」が話題に。バンズの食感を変えるなど、系列店とは異なるレシピで提供している店舗として注目を集めています。今回は肉好きにおすすめな肉ダイナー渾身の〝超絶〟肉食バーガーをご紹介します。

ⒸMeets Regional

屋号を冠したバーガー、パティ3枚の衝撃!

ⒸMeets Regional

野菜は和洋折衷な薬味の皿代わりとなるアーリーレッドとレリッシュのみという漢気。パティ3枚の総重量はなんと1パウント=450gと、まるで五重塔のような景観にひるむも、噛み締めるほどに染み渡る肉の旨みのトリコになっている自分に驚くはず。言わずもがなの100%ビーフで、ハンドチョップによる超粗びき肉が食感と旨みの源泉に。燻すように焼く大判パティには、もはやステーキの称号を与えたいほど。他ならぬハンバーガー専門店が立ち上げた肉ダイナーの面目躍如。バーガー好きも、肉好きも笑う痛快作に仕上がりました。

 

但馬牛×アンガス牛を塩とスパイスのみで

ⒸMeets Regional

良質な脂と旨みを兼ね備えた但馬牛とアンガス牛の交配牛の肉を使用。味つけは塩とスパイスのみで、甘いピクルスとドボ漬けたくあん!? の薬味がソース代わりとなり、バター不使用の国産小麦バンズも肉の風味を引き立てます。ポテト&サラダ付き1,850円(税込)。ダブル1,550円など中ポーションもあり。

【店舗情報】

ⒸMeets Regional

THE BUTCHER ザ・ブッチャー
●LOCATION
大阪市中央区難波千日前10-13 スギモトビル2F
●TEL
06-6641-1129
●営業時間
11:30~14:30(土・日・祝~15:00) 17:00~22:30
●定休日
不定休

(『 Meets Regional 』2018年5月号P15掲載) 編/icoico編集部

※本記事に掲載している情報は公開時点のものになります。

【関連記事】

茶屋町に人気店続々、NYのバーガーも