大阪といえばお好み焼きやたこ焼など、小麦粉でできた料理、大阪弁で「粉もん」がおいしいイメージがありますよね! そんな大阪の食文化を通じて文化や歴史を知ることができる『コナモンミュージアム』では、実際にプロに教えてもらってオリジナルたこ焼作ることができるんです!

今回は、筆者が実際に体験した様子をご紹介します。

出典: icoico

『コナモンミュージアム』内にある「たこ家道頓堀くくる」は大阪道頓堀で30年以上前から店舗を構えており、道頓堀のたこ焼屋の中では老舗中の老舗的存在。道頓堀にも4店舗ありますが、大阪だけにとどまらず日本全国で店舗を展開しています。

くくるのたこ焼は隠し味に白ワインが使われており、ふわふわとろとろの食感が特徴です!

 

オリジナルたこ焼作り体験

『コナモンミュージアム』地下1階の『たこ焼道場くくる』では好きな素材を選んで自分でたこ焼を焼くことができます!

出典: icoico

コースを3つの中から選び、実際に自分の好きな素材を選んでいきます。今回は1番人気の『味ごのみセット』(1,500円・税込)。素材はたこわさびやベーコントマトなどの変わり種も多数ありましたが、今回は人気の大たこ、おもち、ぷりっぷりのえびを注文してみました。

出典: icoico

実際に素材とネギ、紅しょうが、天かすが運ばれてきます。

出典: icoico

まずは目の前の銅板に油を塗って、タネを流し込んでいきます!

出典: icoico

材料をミニトングで入れていき、タネをさらに流し込んでいき……

出典: icoico

ネギ、天かす、紅しょうがの順に入れていきます。

出典: icoico

ここからがポイント! まずは固まってきたタネを周りの方から寄せていき、たこ焼を回しやすいように生地の間に切れ目を入れていきます。

出典: icoico

そして2本の長いピックを使いながら回していきます。筆者も実際に挑戦してみますがなかなか上手く丸くなりません! レクチャーによると、たこ焼をジャンプさせるようなイメージでくるくる回していくのがポイントだそうです。小学生でもこのレクチャーで上手にたこ焼を焼くことができるのだとか。

出典: icoico

そのまましばらく回し続けると、美味しそうなきつね色になってきました。

出典: icoico

最後に隠し味の白ワインを振りかけていきます。蒸発する白ワインの香りに食欲をそそられます! この香りは何ともいえない香りなので、ぜひ実際に現地で体験してもらいたいです!

出典: icoico

器に盛りつけ! 筆者は紙皿にうまく移せませんでしたが、移すときはたこ焼を突き刺してしまう方が簡単だそうです。

出典: icoico

最後にトッピングをして完成です! ふわっふわ、とろっとろ、そしてあつあつの中にちょっぴり白ワインの風味が絶妙です!

 

初心者でも簡単においしいたこ焼が作れるほか、たこ焼サンプルづくりなども体験できる『コナモンミュージアム』。大阪に来られる際はぜひ訪れてみてくださいね。

【施設情報】
道頓堀コナモンミュージアム地下1階「たこ焼道場くくる 匠」
●LOCATION
大阪府中央区道頓堀1-6-12
●TEL
06-621-6678
●営業時間
平日・11:00~22:00、土日祝・10:00~22:00
●休業日
なし

文・写真/KaEri

※本記事に掲載している情報は公開時点のものになります。

【関連記事】

大阪の「エンタメ」に関する記事はこちらでチェック!

【池田市】世界に1つだけ!オリジナルカップヌードルを作ろう