豊臣秀吉がこの地に築城してから現在に至るまで、大阪城は大阪のシンボルとして深く愛されています。

しかし、大阪城の最寄りの駅は森ノ宮駅、大阪城公園駅など、大きく分けて5ヶ所あり、どの駅を利用しても天守閣までは20分ほど歩くため初めて行く場合は戸惑うことも。

今回は、大阪城天守閣への行き方を周囲の風景と併せて紹介します!

出典: icoico

 

極楽橋を通って大阪城天守閣へ

はじめにご紹介するのは、大阪城の北側に位置する大阪城公園駅(JR大阪環状線)、大阪城北詰駅(JR東西線)、天満橋駅(京阪電車・Osaka Metro谷町線)、大阪ビジネスパーク駅(Osaka Metro長堀鶴見緑地線)からのルート。大阪城天守閣までは徒歩15分~20分。

出典: icoico

このルートから大阪城天守閣へ向かう場合は極楽橋(ごくらくばし)を通るのが便利です。

出典: icoico

大阪城の内堀にある極楽橋まで来ると、黄金に輝く大阪城御座船(おおさかじょうござぶね)が見られます。この船は『豊臣期大坂図屏風』に描かれていた鳳凰丸を参考に再現した観光船です。

この御座船では、雄大な石垣を船から見上げ、また人面石を近くで見ることが出来ます。

出典: icoico

極楽橋を渡り、山里曲輪付近には『豊臣秀頼・淀殿ら自刃の地』碑があります。その先には『刻印石広場』があり、石段を少し歩くと『山里口出枡形』に到着します。ここは人気の写真スポットの一つ。

出典: icoico

大阪城天守閣の入口まであと少し。

 

桜門を通って大阪城天守閣へ

出典: icoico

大阪城の南側に位置する森ノ宮駅(JR大阪環状線・Osaka Metro長堀鶴見緑地線)、谷町四丁目駅(Osaka Metro谷町線・Osaka Metro中央線)から大阪城天守閣までは徒歩15分~20分。

このルートから大阪城天守閣へ向かう場合は桜門(さくらもん)を通るのが便利です。

出典: icoico

ここで絶対に見逃してはいけないのが、桜門の奥にドン! と見える巨石。

出典: icoico

これは城内で一番大きな石で、模様がタコに見え「蛸石」と呼ばれています。

出典: icoico

この蛸石を過ぎると、大阪城天守閣は目の前です。

 

大阪城天守閣と展望台を見学!

出典: icoico

大阪のシンボルとして親しまれている大阪城天守閣は、昭和6年(1931年)に全額大阪市民の寄付によって復興されました。歴史資料館として豊臣秀吉や大阪城の歴史などが紹介されています。

出典: icoico

8階は展望台からは大阪の街が一望できます。1615年の大坂夏の陣で豊臣方が破れた後、徳川幕府によって豊臣の大阪城は覆い隠すように地下に埋められたというのは有名な話です。

出典: icoico

豊臣秀吉の頃の天守は、この貯水池の辺りにあったと言われています。広い大阪城の敷地全体が見渡せ、内堀には御座船の姿も。

出典: icoico

展望台から豊臣時代の面影を想像しながら、その先に見えるビル群の姿。ここから見える風景は移り行く時代の流れ、そして歴史ロマンを感じさせてくれます。

そして、自分が歩いて来たルートを見て探すのも楽しいですよ。

【施設情報】
大阪城天守閣
●LOCATION
大阪市中央区大阪城1番1号
●TEL
06-6941-3044
●営業時間
9:00~17:00(季節により開館時間延長あり)
※入館は閉館の30分前まで
●休館日
年末年始(12/28~1/1)
●入館料
大人600円
中学生以下、大阪市在住65歳以上の方は無料(要証明)

文・写真/旅人間
※本記事に掲載している情報は公開時点のものになります。

【関連記事】

「大阪城」に関する記事はこちらでチェック!

大阪の「おでかけ」に関する記事はこちらでチェック!