広大な大阪城公園内にそびえる大阪城天守閣は、大阪城の歴史を中心としたお城の博物館。

8階の展望台からは大阪の街が一望でき、7階は『豊臣秀吉の生涯』を、5階は『大坂夏の陣図屏風の世界』、そして4階と3階では歴史資料を展示しています。

それでは、7階から順にご紹介しましょう。

出典: icoico

 

7階「豊臣秀吉の生涯」

出典: icoico

7階は“豊臣秀吉の生涯”を分かりやすく紹介しています。

豊臣秀吉は、戦国乱世の尾張の国で、小さな百姓家に生まれた日吉丸と名付けられた男の子。織田信長に仕え、次々と功績を上げ出世し、信長の亡き後は天下人への階段をかけ上がって行きます。

この激動の人生を各1~2分のシーンで見られる『からくり太閤記』は全19場面。

出典: icoico

 

5階「大坂夏の陣図屏風の世界」

7階の次は5階です。ここでは“大坂夏の陣図屏風の世界”を詳しく見ることができます。

出典: icoico

特に真田幸村隊と松平忠直隊の激突のシーンを精密なミニチュア人形で表現したコーナーは必見。

出典: icoico

この両軍の激突は1615年5月7日、最後の決戦のクライマックス・シーンとして知られる名場面。「大坂夏の陣図屏風」右隻ほぼ中央に描かれているシーンの立体再現です。

出典: icoico

徳川方は、既に豊臣方の首級3,750を挙げ、大坂城一番乗りを果たした徳川家康の孫松平忠直率いる越前兵。見ていると、今にも声が聞こえてきそうなほどリアルで細部にこだわりが感じられます。

出典: icoico

それに対するのは、豊臣方随一の勇将・真田幸村隊。

出典: icoico

約400年前に、この大阪城を舞台に起きた大戦。

この決戦の結果は、ご存知の通り、真田幸村は討ち取られ、大坂城は炎に包まれ落城。その翌日、豊臣秀頼とその母淀殿は自害し豊臣家は滅亡しました。まさに最後の決戦のシーンです。

出典: icoico

その横では、「大坂夏の陣図屏風」に描かれている名場面をパノラマビジョンでの説明もあります。

出典: icoico

 

3階・4階で特別展示開催中!「サムライたちの躍動」

大阪城天守閣では、2019年5月22日(水)から7月17日(火)まで、大阪城天守閣内3・4階展示室において「企画展示 サムライたちの躍動-大阪城天守閣名品セレクション」を開催しています。

重要文化財『大坂夏の陣図屏風』が大公開。7階で展示されている世界観を生で見ることができます。

ちなみに、昭和6年に復興された現在の大阪城天守閣の外観は、この屏風に描かれた天守を参考にしています。スゴイ!

出典: icoico

他にも、初公開となる『川中島合戦図屏風』、重要文化財『南蛮屏風』(6月21日~7月4日)、また天下統一を果たした豊臣秀吉が使用したと伝えられる陣羽織『富士御神火文黒黄羅紗陣羽織』など、サムライたちの躍動感あふれる名品に出会えるチャンス! この機会をお見逃しなく。

展示総点数は71点、うち重要文化財が6点、初公開資料2点含まれます。

【施設情報】
大阪城天守閣
●LOCATION
大阪市中央区大阪城1番1号
●TEL
06-6941-3044
●営業時間
9:00~17:00(季節により開館時間延長あり)
※入館は閉館の30分前まで
●休館日
年末年始(12/28~1/1)
●入館料
大人600円
中学生以下、大阪市在住65歳以上の方は無料(要証明)

文・写真/旅人間
※本記事に掲載している情報は公開時点のものになります。

【関連記事】

「大阪城」に関する記事はこちらでチェック!

大阪の「おでかけ」に関する記事はこちらでチェック!