大阪・中之島にある『大阪市立科学館』では、日本でも最高峰のプラネタリウムが楽しめたり、宇宙や、化学・物理について、実際に手で触って体験したりできます。

子どもが楽しみながら学べるのはもちろん、大人も新しい発見があって非常に楽しむことのできる大阪市立科学館の魅力を紹介します。

 

日本最高峰のプラネタリウム!

大阪市立科学館の地下1階にあるプラネタリウムは、2019年3月にリニューアル。

大阪専用にカスタマイズされた新プラネタリウム投影機で、世界初の技術である『超新星の投影』を始め、星のリアリティ・生解説の操作性が一段とアップし、より星空に没頭できる環境が整いました。

プラネタリウムの投影は前半・後半の2部に分かれています。

前半は当日の大阪の夜空の様子を見ながら、ひときわ輝いている星の説明や、星座の見方に関して、スタッフの方がライブで紹介してくれます。

出典: icoico

後半は、大阪市立科学館オリジナルのプラネタリウムプログラムを鑑賞することができます(時期や当日の時間によって、開催されているプログラムが変わります)。

筆者が見たプログラムは「星の降る夜に」という“流星群”の正体に迫るアニメストーリー。

ダイナミックな星空・宇宙を巨大スクリーンで見ながら、流れ星の正体を知ることができました。

 

展示場で宇宙や科学のことを学ぼう!

出典: icoico

1階から4階は展示場となっており、それぞれのフロアで宇宙や科学・電気やエネルギーのことを学べます。

なかでも注目は4階の『宇宙とその発見』の展示場!

こちらも2019年3月に一部をリニューアルしており、新技術を使った手で触って楽しみながら学ぶことのできる新展示が多数あります。

出典: icoico

こちらは、太陽の展示。

横にある太陽系の惑星と大きさを比較して分かるだけでなく、実際の観測による太陽の姿をプロジェクションマッピング技術で投影しています!

出典: icoico

リニューアルしたことで、太陽のリアルな活動の様子を眺めることができ、興奮がとまりません!

出典: icoico

こちらは『惑星の重力くらべ』。

天体によって重力が違うことを、実際にりんごの模型で体感することのできる展示です。

出典: icoico

地球の重力を1とすると、月の重力は0.17になり、とても軽くなります!

逆に太陽は地球の28.01倍! 実際に太陽のりんごを持ちあげるのには、非常に苦労しました。

このように、宇宙や科学の不思議を遊び感覚で、実際に体感できるのが魅力の施設です。

 

大阪市立科学館へのアクセス

出典: icoico

・新大阪からお越しの場合
JR京都線で『大阪』に行き、JR大阪環状線『福島』から徒歩または、Osaka Metro四つ橋線『西梅田』で乗車し、『肥後橋』から徒歩7分。

 

・伊丹空港からお越しの場合
空港バスで『ハービス大阪』へ行きその後、Osaka Metro四つ橋線『肥後橋』から徒歩7分。

【施設情報】
大阪市立科学館
●住所
大阪市北区中之島4-2-1
●電話番号
06-6444-5656
●営業時間
9時30分~17時(展示場の入場は16:30まで/プラネタリウム最終投影は16:00から)
●定休日
月曜日(休日の場合は翌平日)、年末年始、臨時休館日あり
●料金
プラネタリウム:大人600円・高校・大学生450円・3歳以上中学生以下300円
展示場:大人400円・高校・大学生300円・中学生以下無料

【関連記事】

中之島から本町までぶらり。大阪建築の今昔をたのしめるコース紹介

「おでかけ」情報はこちらをチェック!

 

文・写真/いちまろ夫婦、大阪市立科学館

※本記事に掲載されている内容は公開時点のものとなります。