『THE LANDMARK SQUARE OSAKA(ザ ランドマークスクエア オオサカ)』は、大阪城本丸広場に位置する歴史的建造物をリノベーションした施設です。

本施設の屋上『ブルーバーズ ルーフトップテラス』では、7月~9月までの間、日本の伝統芸能である“能楽”をご覧いただきながら、BBQを楽しめる能楽ダイニングが開催されます!

出典: 株式会社ポジティブドリームパーソンズ

 

こだわりの国産牛を食べながら能楽公演が楽しめる!

出典: 株式会社ポジティブドリームパーソンズ

能楽ダイニングでは、能楽の公演と国産牛のBBQ、前菜やサラダのブッフェ、フリードリンクが楽しめます。

・BBQメニュー

【国産牛にこだわったプレート】
サーロイン -大判スタイル-
肩ロース -大判スタイル-
ランプ -極上の赤身も添えて-
特選ホルモン -レモンペッパー風味-

【ベジタブル】
季節のお野菜7種 -焼き野菜やサラダにどうぞ-

【ブッフェメニュー】
ごろごろ野菜のピクルス/アボカドのディップ -チップスを添えて-/ガーリックシュリンプとホタテ、ブロッコリーのマリネ -アボカドとご一緒に-/冷製パスタのサラダ/カットパイン/ライチ/大阪城カレー/特選ソーセージ

 

日本の伝統芸能「能楽」について

出典: 株式会社ポジティブドリームパーソンズ

奈良時代に中国の唐から伝わった「散楽」という舞踊・器楽・歌謡・物真似・曲芸などが合わさった芸能が、平安時代には「猿楽」と呼ばれ、庶民の人気となりました。

鎌倉時代には、歌や舞で豊作を祈願した「田楽」などから影響を受けた歌舞をともなう猿楽など、いろいろな種類の猿楽が誕生しました。後に歌舞劇は、「能」、滑稽物真似は「狂言」と呼ばれるようになりました。

室町時代になると、観阿弥、世阿弥親子が、時の将軍足利義満を始め多くのいわゆる「貴人上方様」から高い評価を獲得し、能の芸術性、精神性を高め、多くの優れた作品を作りました。

演者:観世流能楽師 久田勘鷗

【イベント情報】
THE LANDMARK SQUARE OSAKA
●LOCATION
大阪府大阪市中央区大阪城1-1 MIRAIZA OSAKA-JO内
●能楽ダイニング開催日程
・2019年 7月25日(木) 19:00~ ※特別イベント開催日
・2019年 8月2日(金) 18:00~
・2019年 8月26日(月) 18:00~
・2019年 9月4日(水) 18:00~
・2019年 9月18日(水) 18:00~
※第一回目となる、7月25日開催のイベント“天神祭奉納花火×大阪城夏祭『粋』”は、天神祭奉納花火を眺めながら、能楽や三味線をお楽しみいただく能楽BBQダイニングオープン特別イベント
●公式サイト
https://www.landmark-osaka.com/restaurant/bluebirds.html
●詳細・ご予約ページ
https://www.landmark-osaka.com/topics/20190621/ (能楽ダイニング)
https://bluebirdsibent.peatix.com/view (天神祭奉納花火×大阪城夏祭『粋』)

【参考・画像】大阪城を目前に日本文化の粋を体感 能楽×BBQダイニング期間限定OPEN – PRTIMES

編/icoico編集部

※本記事に掲載されている内容は公開時点のものとなります。

【関連記事】

※ 大阪の「イベント」に関する記事はこちらでチェック!

※ 大阪の「おでかけ」に関する記事はこちらでチェック!