映画変な家の最後のシーン・壁からの爪が引っ掻くような音の意味をネタバレ考察!意味なし?

スポンサーリンク

2024年3月15日に公開されたミステリーホラー映画変なは間宮正太郎さんが演じるオカルトを専門とするYouTuber・雨宮が奇妙な間取りをしている家の秘密を追っていくという内容になっています。

この映画のラストシーンはかなり意味深で、どんな意味があるのかとSNS上で大きな話題になっているとか。

そこで、今回は映画変な家のあらすじやラストシーンについて考察していきます。

\今だけ70%割引・495円!/

スポンサーリンク
目次

映画変な家の最後のシーン・壁からの爪が引っ掻くような音の意味をネタバレ考察!

映画変な家の最後のシーンは壁から爪がひっかくような音がするというシーンで終わります。

確かに、意味深な終わり方をしていますね。

・あらすじ

・最後のシーンに意味はあるのかないのか

それでは、映画のあらすじとラストシーンの考察をしていきましょう。

あらすじ

間宮祥太郎さんが演じるYouTuber・雨宮はマネジャーから引っ越し先の間取りが変だと相談されます。

そこで、雨宮は佐藤二郎さん演じるミステリー愛好家の建築士・栗原に相談し、意見を聞いてみることに。

相談をすると、いくつかの不可解な点が浮かび、恐ろしい仮説が導き出されます。

その矢先に奇妙な間取りの家の近くで事件が発生。

その事件と変な家が繋がっていると考え、事件を追うことに。

最後のシーンの意味はない?

映画変な家のラストシーンの壁からの爪が引っ掻くような音には意味がないといわれています。

意味深なラストシーンにしたのは、ありふれた終わり方にしたくないという脚本家の丑尾健太郎さんの考えで、衝撃的なラストシーンになったと言われていますね。

一方で、ラストシーンには意味があるという意見もあります。

2作目の伏線じゃない?

意味はありそう!

次のターゲットが主人公的な感じ?

このように、SNSでは最後のシーンは2作目への伏線や主人公が狙われていることを示しているという意見がありました。

大きな注目を集めている作品なので、2作目では主人公が狙われるという内容になるかもしれないですね。

\今だけ70%割引・495円!/

映画変な家の最後のシーンの意味にモヤモヤする人多数!

SNS上では映画変な家を見た人の様々な意見が挙げられています。

最後どうなってるの?

ラストが怖い!

モヤモヤする

このように意味深なラストシーンに対して様々な意見がありました。

あのシーンで映画終わると何かあるのではと考えてしまいますね。

\今だけ70%割引・495円!/

映画変な家の最後のシーンの音が苦手という声も!

映画変な家のラストシーンの音が苦手という意見もあります。

SNSでも

ラストのあの音が怖い

変な家なめてた、怖すぎ

最後の音が苦手

爪で引っ掻くような音は普段の生活でも聞く音ですよね。

それが、ミステリーホラー映画のラストの意味深なシーンで流れたら、ふとした時に思い出して怖いと思います。

\今だけ70%割引・495円!/

まとめ

今回は映画変な家の最後のシーン・壁からの爪が引っ掻くような音の意味などについてまとめてきました。

・ラストシーンは脚本家の演出で意味はない

・ラストシーンは2作目への伏線で、次は主人公が狙われる可能性がある

このように、映画のラストシーンをめぐってはこの2つの意見が挙げられています。

映画変な家は前評判以上に怖いようなので、ホラー好きな方はぜひ、観に行ってみてください!

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次